インターネットを使ってオンラインカジノを楽しむ

オンラインカジノが誕生するまでの流れを振り返る

ルーレットのイラスト

オンラインカジノとは、インターネットでできるカジノのことです。

カジノとは、カードやスロットマシンを使って楽しむゲームおよびそれを楽しむことができる遊技場のことをさします。
お金をかけて行うカジノのことを、ギャンブルとよびます。

カジノが誕生したのは、16世紀のイタリアといわれております。語源は、イタリア語で「小さな家」を意味する「CASA」です。
王侯貴族が所有していた社交用、娯楽用の別荘を意味していました。このカジノは、時代の変化にともない形態や性質を変化していきました。
最初の時期は、富裕層や特権階級が集まるカジノとギャンブル好きの庶民が集まる二種類がありました。
そこからカジノは発展し、ヨーロッパのみならず、世界各国で広まっていきました、
ヨーロッパにおいては、国が政治や経済の管理を行う旧社会主義国でも、カジノがない国を見つけることは難しいです。それほど、カジノを行っている国はたくさんあります。
ヨーロッパでは、イギリスやフランス、ドイツ、モナコなどになるカジノが有名です。中には、とても歴史のある有名なカジノが多数存在します。
イギリスのカジノは他の国と違って、すべてのカジノがクラブ組織となっております。現地で申込み手続きを行ってから、48時間経過しないとカジノに入場することができません。
アメリカにも巨大なカジノがあります。「カジノといえばラスベガス。ラスベガスといえばカジノ」といわれるほど、ラスベガスのカジノは有名です。
ラスベガスはカジノ産業により、州の財政が支えられているといってもいいほど、ラスベガスのカジノ産業は規模がとても大きいです。
アジア諸国でも、カジノは広まっていきました。韓国やシンガポールといった先進国のカジノは有名です。
香港やマカオにあるカジノは規模が大きくとても有名で、マカオのカジノ産業は年々右肩上がりで成長しており、ラスベガスのカジノ収入を超え、世界一のカジノともいわれております。

世界各国でこのようにカジノが人気となり、インターネット上で行えるオンラインカジノも誕生しました。
オンラインカジノが誕生したのは、1996年です。オンラインカジノを運営するには、正式なライセンスが必要となります。カリブ諸国にある「アンティグア・バーブーダ」という国が、オンラインカジノのライセンスの発行を行っております。
この国でオンラインカジノの運営のライセンスを取得する企業も多いです。
1998年にオンラインカジノで人気のプログレッシブジャックポットゲームが誕生しました。199年には、マルチプレーヤーテーブルとよばれる、オンライン上で他のプレーヤーと一緒に楽しむことができるサービスが誕生しました。
オンラインカジノは、発売当初は当初は数十個しかゲームがありませんでした。そこからオンラインカジノは発展し、数千個のゲームが誕生しました。
ポーカー、ビンゴ、スポーツブックなど様々なジャンルがあります。数百社のソフトウェア会社が今では存在します。オンラインカジノは、それほどまでに大きな市場に進化、発展していきました。
オンラインカジノのライセンスの発行を行っている国も増え、今では20カ国以上におよびます。